車査定

サイト管理者お気に入りの車たち記事一覧

ディーゼルエンジン復権の立役者~マツダCX-5

一昔前は環境破壊の元のような扱いを受けていたディーゼルエンジンですが、今ではすっかり定着した感じです。そんなディーゼルエンジンの復権に一役買ったのは、間違いなくマツダです。一役買ったというよりも、全てマツダのおかげといっても過言ではありません。そんなクリーンディーゼル搭載車としてデビューしたのがマツ...

≫続きを読む

 

セダンにもディーゼルとMT~マツダ・アテンザ

マツダCX-5に続き、「鼓動」デザインを採用したマツダ「アテンザ」。ぱっと見は欧州車にも引けを取らないデザインとなっています。4ドアセダンにディーゼルエンジンとマニュアルトランスミッションという、最近の日本では非常に珍しい組み合わせが選択可能となっています。ヨーロッパではベンツやBMWでも4ドアセダ...

≫続きを読む

 

いろいろなエンジンを選べます~マツダ・アクセラ

CX-5、アテンザに引き続き「鼓動」デザインが採用されたマツダ・アクセラは、ガソリンエンジン、ハイブリッド、ディーゼルエンジンと、国産車では珍しく多種多様なパワートレインを設定しています。コンパクト4ドアセダンでは珍しく、一部グレードとはいえマニュアルトランスミッションも設定されています。ハイブリッ...

≫続きを読む

 

最後のロータリエンジンスポーツカー~マツダRX-8

世界で唯一マツダが実用化に成功したロータリーエンジンを搭載した最後の車がマツダRX-8です。1.3Lという小排気量のエンジンですが、ロータリーエンジンは小排気量でも大出力を得ることができるため、車重の軽量化に貢献しています。2ドアクーペのような見た目ですが、実際には観音開きとなる後部ドアがを備える4...

≫続きを読む

 

4WD電気自動車SUV~三菱アウトランダーPHEV

三菱自動車のアウトランダーPHEVは数少ない4WDの電気自動車になります。完全な電気自動車ではなく、通常のガソリンエンジンも搭載していて、これはバッテリーの残量が減ってきたときに、バッテリーを充電するための電気を作るために発電機として使われています。ただし、発電専用というわけでもなく、高速走行時には...

≫続きを読む

 

フルタイム4WD技術の結晶~三菱ランサーエボリューション

三菱ランサーエボリューションといえば、スバル・インプレッサと並ぶ、2.0L直列4気筒の大出力エンジンを搭載した、フルタイム4WD車の代名詞とも言える車です。この車は三菱自動車がWRCと呼ばれるラリーレースに出場する際に、WRCに参加するための条件として市販車として規定の台数以上の生産台数が必要だった...

≫続きを読む

 

見えないところにこだわりすぎ?~三菱アイ

三菱アイは、三菱自動車が生産する電気自動車i-Mievのベース車両となる軽自動車ですが、2013年に生産終了となっています。発売当時としてはかなり斬新な卵形のデザイン、ミッドシップと呼ばれるエンジンをトランクルームの下におくレイアウトを採用することでかなり注目を集めました。実際に運転していると何も特...

≫続きを読む

 

歴史的名車にして今でも現役~マツダRX-7

マツダRX-7は、マツダが誇るロータリーエンジンを搭載したスポーツカーです。発売されてから20年が経過しても色あせないデザイン、今でも十分に通用する走行性能が特徴で、根強い人気を誇っています。これだけ古い車にもかかわらず、未だにサスペンションやエンジン、マフラーといったパーツが販売されている、数少な...

≫続きを読む

 

安くないけどドイツ車の入門車~BMW320i

BMW320iは2.0L直列4気筒エンジンを搭載した、BMWの中では入門的な位置づけになる4ドアセダンです。BMWの4ドアセダンとしては比較的安価ですが、それでも最も安いグレードで税抜き430万円ほどしますから、決して安い車ではありません。BMWというとシルキーシックスと呼ばれる直列6気筒エンジンが...

≫続きを読む

 

世界基準の大衆車~フォルクスワーゲン・ゴルフ

フォルクスワーゲン・ゴルフはヨーロッパの大衆車、また同じようなボディサイズの車の中では世界基準とも言われています。ホンダ・フィットやマツダ・アクセラも同じボディサイズの車として比較されることがありますが、いろいろな試乗レビューを見ても総合的にゴルフの方が上と評価する人が多いです。輸入車なので仕方ない...

≫続きを読む

 

コンパクトなプレミアムSUV~ホンダ・ヴェゼル

ホンダ・ヴェゼルは、ホンダが発売するプレミアムコンパクトSUVです。フィットのSUVタイプという見方もありますが、部品を共通化しているだけでシャシーなどは別の設計となっているので、実際には別ものといった方が正解です。「フィットをSUVタイプにしただけの車とは言われたくなかった」という開発陣の意気込み...

≫続きを読む

 

トヨタに勝つことが宿命~ホンダ・フィット

ホンダ・フィットは、ホンダが販売するコンパクトカーシリーズです。現行モデルではDCTを使ったハイブリッドシステムを採用し、カタログ値で36.4km/Lという好燃費を記録しています。最も安いグレード(1.3Lモデル)では126万円と、手が届きやすい価格から揃えています。2013年のカーオブザイヤーでは...

≫続きを読む

 

カローラに代わる国民車になりました~トヨタ・プリウス

トヨタ・プリウスは、いやま日本人なら知らない人はいないと言っても過言ではないトヨタを代表する車です。すでにカローラを超えた国民車といってもいいのではないでしょうか。世界で初めてハイブリッド車を実用化しただけのことがあり、ハイブリッド車に関する技術の蓄積は他社よりも進んでいます。プリウスについては燃費...

≫続きを読む

 

燃費世界一を背負った車~トヨタ・アクア

トヨタ・アクアは、2013年末に発売されたホンダ新型フィットに抜かれるまでは、トヨタのプリウスと並んで新車販売台数の1位と2位を長期間にわたり独占しつづけたプリウスと並ぶ国民車といってもいい車です。プリウスはボディの大きさやその重量から軽快なドライビングは難しいですが、アクアでは小型軽量なボディと相...

≫続きを読む

 

見た目以上にきびきび走ります~スズキ・スイフト

スズキ・スイフトは、スズキが製造・販売するコンパクトカーです。FFモデルと4WDモデルがあり、その中でもヨーロッパ向けに足回りをチューニングしたスイフトRSや、スポーティーモデルとなるスイフトスポーツなどがあります。ノーマルモデルでは特筆するようなエンジンや足回りということはなく、いたって普通の車に...

≫続きを読む

 

世界に誇るスーパーカー~日産GT-R

日産GT-Rは、言わずと知れた日産が世界に誇るスーパーカーです。もともとはスカイラインGT-Rでしたが、スカイラインからは独立して日産GT-Rとなりました。いくつかのグレードがありますが、動力性能は全て同じで違いは内装のみとなっています。発売時には新車で777万円という性能から考えると激安とも言える...

≫続きを読む

 

二酸化炭素排出ゼロ~日産リーフ

日産リーフは、日産が製造販売する電気自動車です。三菱自動車のi-Mievに続いて発売されましたが充電設備というインフラの整備がまだまだ発展途上と言うことも有り、i-Mievともども販売面ではあまり良い数字が出ることはありませんでした。しかし、日本や欧米での充電設備の充実に伴って販売台数は確実に伸びて...

≫続きを読む

 

ポルシェにも勝った日本車~日産フェアレディZ

日産フェアレディZは、アメリカにも愛好者が多い日産のスポーツカーで、車好きなら一度は乗ってみたい車ではないでしょうか。初代の発売当時はアメリカで「ポルシェよりもずっと安くてポルシェよりもずっと速い」と言われ、ポルシェの販売台数を大きく減らしたと言われています。現行モデルから2つ前のモデルは4人乗りで...

≫続きを読む

 

スポーツカーからラグジュアリーへ~日産スカイライン

日産スカイラインはもともとプリンスという会社が作っていた車ですが、プリンスと日産が合併したことで日産から販売される車となりました。スカイラインと言えばスカイラインGT-Rが有名ですが、その他にも4ドアセダンやアテーサ(GT-Rに搭載されているFRをベースとした4WDシステム)を搭載しない2ドアクーペ...

≫続きを読む

 

見た目は代わっても想いは同じ~日産エクストレイル

日産エクストレイルは、日産が製造販売しているクロスカントリータイプの車です。防水・防汚性の内装を採用するなどして、アウトドア好きなアクティブなユーザーからは非情に高い評価を得ていました。流線型の車が増える中、角張ったデザインをしており、この形が好きだというファンも多くいました。2013年末に発表した...

≫続きを読む

 

いつまでもクラウン?~トヨタ・クラウン

トヨタ・クラウンは「いつかはクラウン」と言われ、レクサスが登場するまではトヨタを代表する高級車でした。クラウンに乗った人の中には「いつまでもクラウン」という人も少なくないのではないでしょうか。レクサスが発売された当初はクラウンからの鞍替えしたくてもレクサス車はレクサスディーラーでしか購入できないため...

≫続きを読む

 

マイナーチェンジでイメチェン?~トヨタ・SAI

トヨタ・SAIは、簡単に言ってしまえばプリウスの高級版という位置づけで登場しましたが、レクサスのハイブリッドセダンと似たような価格だったため、中途半端な位置づけになってしまいました。発売直後こそ売れましたが、すぐ後にカムリハイブリッドも発売されたこともあってか、販売台数はそれほど伸びませんでした。車...

≫続きを読む

 

国産SUVの立役者~トヨタ・ハリアー

国産SUVの先駆けにして市場を牽引してきたトヨタ・ハリアーですが、2014年に実に10年ぶりとなるフルモデルチェンジをむかえ3代目が登場します。当初は6リットルと2.2リットルエンジンでしたが、新モデルではダウンサイジングにより2.5リットル+ハイブリッドと2.0リットルの2本立てとなります。ハイブ...

≫続きを読む

 

若者を呼び戻せ!~トヨタ86

トヨタ86は、若者の自動車離れを食い止めようと、安価なスポーツカーを開発するためにトヨタとスバルが共同開発し、往年の名車として知られたAE86を元に「86」と名づけられ、スバルからは「BRZ」という車名で発売されています。エンジンはスバルの代名詞とも言える水平対向エンジンが採用されています。安価とい...

≫続きを読む

 

BMWの入門クラス~BMW1シリーズ

BMW1シリーズは、初代では5ドアハッチバックの他に、2ドアクーペもありましたが、2ドアクーペが新しく発売される2シリーズから発売するのに伴い現行モデルではハッチバックモデルのみとなりました。最も安いモデルでは小税抜きの車両本体価格が300万円を切っており、BMWの中ではエントリーモデルに位置します...

≫続きを読む

 

BMWの新しい仲間~BMW2シリーズ

新しく設定されたBMW2シリーズには1シリーズから独立した2ドアクーペ、および5ドアハッチバックのアクティブ・ツアラーがあります。アクティブ・ツアラーは同じ2シリーズでもクーペモデルとは全くことなるメカニズムを採用しており、またBMWでは初となる(MINIを除く)FFモデルとなります。比較的コンパク...

≫続きを読む

 

未来からやってきた車?~BMW i8

BMWはもともと明確に走りの楽しさを追求してたため、ハイブリッドは眼中にないと語っていたときもありましたが、そんなBMWから発売されるプラグインハイブリッドカーが「i8」です。もちろん、そんなBMWが発売する車ですからハイブリッドカーといえ「駆け抜ける喜び」は失われていません。モーターのみで走行する...

≫続きを読む

 

見た目は地味でもしっかりアウディ~アウディA3

アウディのコンパクトモデルとなり、5ドアのA3スポーツバックが2013年、4ドアのA3セダンが2014年から発売されています。エンジンはダウンサイジングの流れにのって1.4Lと1.8L(どちらもターボ付き)となっています。1.4Lモデルには走行状態に応じて気筒の一部を休止させて燃費を向上させる「シリ...

≫続きを読む

 

小さな見た目のモンスター~VWゴルフR

フォルクスワーゲンのゴルフの中でも最もパワフルなモデルです。通常であればTSIでも十分な加速や速度で走ることができ、その上のGTIであれば公道ではそのパワーを持てあますこともある中、さらにその上のグレードになります。その他のゴルフが前輪駆動であるのに対して、ゴルフRは4MOTIONと呼ばれる4WDと...

≫続きを読む

 

ゴルフとは兄弟のようなもの~VWシロッコ

フォルクスワーゲンから発売されているゴルフの兄弟車のような車です。過去にはアメリカで「ゴルフGTIの販売に影響する」という理由で販売さませんでした。現行モデルではR-Line Dynamischと、よりスポーティ(レーシー?)なシロッコRの2つが設定されています。R-Line Dynamischは1...

≫続きを読む

 

中古だとお手頃価格~ポルシェ・ボクスター

ポルシェ・ボクスターは、ポルシェのエントリークラスになるオープンカーです。スバルと同じくポルシェが採用している水平対向エンジンを表す「ボクサー」と、オープンカーの呼び名である「スピードスター」を掛け合わせて「ボクスター」という名前になりました。ポルシェを代表する車である「911」と比べるとかなり遠慮...

≫続きを読む

 

911を超えちゃいそう?~ポルシェ・ケイマン

近い価格帯のポルシェとしてボクスターがありますが、ボクスターがオープンカーなのに対してケイマンは2ドアクーペになります。見た目は誰がどこからどうみてもポルシェというデザインに仕上がっています。現行モデルでは水平対向2.7Lエンジン(275馬力)と、水平対向3.4L(325馬力)を2のエンジンが設定さ...

≫続きを読む

 

ポルシェを救った車~ポルシェ・カイエン

ポルシェ・カイエンは、経営難で倒産の危機にあったポルシェを救ったといっても過言ではない、売れに売れたポルシェ初のSUVです。ただし、ポルシェではSUVという言葉は使わず、あくまでも「新しい形のスポーツカー」とのことです。ちなみに、世界的に見てもカイエンやパナメーラ(4ドアセダン)といった車の販売が増...

≫続きを読む

 

スーパーカーでも好燃費~ポルシェ918スパイダー

ポルシェ918スパイダーは、ポルシェが918台限定で販売した(もちろん完売)プラグインハイブリッドタイプのスーパーカーで、エンジン+モーターの合計出力は887馬力と同じハイブリッドでも日本の自動車メーカーのそれとは全く違います。価格は1億円弱と、こちらもスーパーカーの名に恥じない価格となっています。...

≫続きを読む

 

実用性ゼロのピュアスポーツカー~ロータス・エリーゼ

ロータス・エリーゼは、実用性の無さという意味ではトップクラスとも言える車ですが、言い換えれば運転するのが楽しい車とも言えます。1.6L4気筒エンジン(136馬力)と、1.8L4気筒エンジン+スーパチャージャー(220馬力)の2つのエンジンが用意されます。エンジンだけを見るとそれほど目立つようなスペッ...

≫続きを読む

 

ヨーロッパからやってきた軽自動車~ケータハム・スーパーセブン

ケータハム・スーパーセブンは、もともとこの車はイギリスのロータスという自動車メーカーが製造販売していましたが、現在はケータハムという会社が製造販売しています。1957年の発売開始から見た目のデザインがほとんど変わらないという珍しい車です。2014年モデルでは輸入車初の軽自動車ということで、普段は自動...

≫続きを読む

 

グランドチェロキーの弟?~ジープ・コンパス

ジープ・コンパスは、見た目はジープで有りながら、もともとは2WD専用車としてオンロード用SUVとして発売された変わり者です。現在は、4WDモデルも追加されています。見た目は、グランドチェロキーの弟分といった感じで、数世代前のグランドチェロキーと非常に似ている顔つきとなっています。ジープの中ではエント...

≫続きを読む

 

アメリカンSUVの王者~ジープ・グランドチェロキー

ジープ・グランドチェロキーは、言わずと知れたジープのフラッグシップとなる高級車です。見た目は高級SUV、内装も高級車でありながら、悪路走行の性能はジープの名に恥じない性能を持っています。2014年のマイナーチェンジでは、フルモデルチェンジかと思うほどフロントグリルのデザインが変えられてます。また、新...

≫続きを読む

 

国産のコンパクトプレミアムカー~レクサスCT200h

レクサスCT200hは、レクサスのコンパクトモデルとなる、ハイブリッド専用車です。2013年にマイナーチェンジを行い、フロントグリルがレクサス共通となるスピンドルグリルに変更されたことで、見た目の印象ががらりと変わりました。4つのグレードから構成されていますが、基本となるエンジンやトランスミッション...

≫続きを読む

 

国産プレミアムセダンの代表?~レクサスIS

アメリカで始まったレクサスブランドですが、レクサスISは当初日本ではトヨタからアルテッツァという名前で売られていたものが、日本でもレクサスを展開するにあたり、レクサスISとして販売されるよううになりました。現行モデルでは3.5リットル、2.5リットル+モーター、2.5リットルの3つのエンジンが設定さ...

≫続きを読む

 

レクサスの異端児?~レクサスIS-F

レクサスの中で最もパワフルな走りが出来るのがこのIS Fで、走りに関してはLFAを除いたレクサスの中で、もっともスポーティーなセッティングとなっています。この車が発売された同時期に日産GT-Rも発売となったため、影に隠れた感じもありますが、高性能ぶりという店ではGT-Rにも負けていないと言えます。G...

≫続きを読む

 

車の中でもおもてなし~日産ティアナ

日産ティアナは、日産が販売するFF方式のセダンの中で、トップクラスに位置する車です。グレードは3つありますが、エンジンは2.5L直列4気筒(173馬力)のみ、トランスミッションはCVT方式のATのみとなります。燃費もカタログ値で14.4km/Lで同じとなっています。コンセプトは「モダンリビング」と「...

≫続きを読む

 

世界標準のコンパクトカー~フォード・フィエスタ

フォード・フィエスタはフォードの世界戦略車ですが、日本では2007年に一度販売が終了していたものを、新型の発売に合わせて日本でも再び販売されることになりました。1.0L直列3気筒エンジン(100馬力)、6速ATのみの設定となっており、燃費はカタログ値で17.7km/Lとなっています。グレードは一つの...

≫続きを読む

 

元祖ミニバンはこの車~ホンダ・オデッセイ

ホンダ・オデッセイはホンダを代表するミニバンでしたが、ここ最近は他社のミニバンに苦戦することも増え、2013年に満を持してのフルモデルチェンジとなりました。販売台数では上級グレードにあたる「アブソルート」が半数以上を占めています。エンジンは標準モデルが2.4L(175馬力、23.0kgf)、アブソル...

≫続きを読む

 

コンパクトセダンの代表格~スバル・インプレッサ

スバル・インプレッサは、スバルが製造販売する4ドアセダンと5ドアハッチバックです。水平対向エンジンは1.6Lと2.0L、FFと4WD(スバルではAWDと呼称)があります。発売直後では、アイサイトと呼ばれるビデオカメラを用いた安全装置の装着率が半数近くになっていましたが、これはアイサイトはベースグレー...

≫続きを読む

 

走向性能も抜群のSUV~スバル・フォレスター

スバル・フォレスターは、スバルが製造販売するSUV車です。エンジンは2.0Lのみとなり(自然吸気とターボモデルの2種類)、グレードによってはマニュアルトランスミッションも設定されています。ぱっと見では都会派のSUVに見えますが、オフロードでの走向性能もかなりのものです。世界の有名自動車メーカーの4W...

≫続きを読む

 

ワゴン車といえばこれ!~スバル・レガシィツーリングワゴン

スバル・レガシィツーリングワゴンは誰もが知るスバルを代表する車であり、ハイパフォーマンスワゴンの先駆けとなる車です。輸入車には同じようなボディサイズで、同じような馬力のあるエンジンを積んだワゴン車もありますが、国産ではレガシィ以外には見かけなくなりました。近年はモデルチェンジのたびにボディサイズが大...

≫続きを読む

 

見た目以上に走りも充実~スバルXV

スバルXVは、簡単に言ってしまえばスバルのインプレッサをベースにして車高を高くした、いわゆるクロスオーバーモデルと呼ばれる車です。独特なホイールのデザインも特徴の一つです。SUVでありつつも車高1550mm以下(ルーフレールを付けないモデル)となっているので、タワーパーキングで車高制限にひっかかる心...

≫続きを読む

 

軽自動車の代表格~スズキ・ワゴンR

スズキを代表する軽自動車のワゴンRですが、現行モデルのマイナーチェンジでは燃費が30km/Lの大台を突破し、ターボモデルでも27km/Lとなっています。ワゴンRの名が付く車としてはワゴンRスティングレーもありますが、一番の違いはヘッドライト周りのデザインとなっており(ぱっと見で雰囲気がかなり違います...

≫続きを読む

 

軽自動車の新しいカタチ~スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラーは、スズキが新しく発売したSUVタイプの軽自動車です。これまでにもクロカンタイプの軽自動車はいくつかありましたが、いわゆるSUVタイプの軽自動車はこれが初めてとなります。スズキといえば「ジムニー」が有名ですが、ハスラーの開発にはジムニーの開発を担当しているグループも参加しています。ハ...

≫続きを読む

 

見た目も走りも最先端~テスラ・モデルS

テスラ・モデルSは、2003年に設立されたアメリカのベンチャー企業であるテスラ社が作っている電気自動車です。クーペタイプのロードスターで一躍有名になりましたが、モデルSは4ドアセダンの5人乗りとなります。ぱっと見は普通のセダンですが、ボディサイズは全長4978mm、全幅2189mmとかなり大きくなっ...

≫続きを読む

 

見た目は紳士、走りは野獣?~アウディRS7

アウディRS7は、アウディが高性能モデルとして発売しているRSモデルの一つで、「A7 スポーツバック」のRSモデルとなります。アウディの4WDシステムとなるクワトロを搭載しています。エンジンはV型8気筒4.0リットルツインターボ(560馬力)とかなりのハイスペックで、馬力だけなら日産GT-Rにも匹敵...

≫続きを読む

 

世界に誇るオープンカー~マツダ・ロードスター

マツダ・ロードスターは、マツダが世界に誇る2ドアオープンカーです。このタイプの車としては累計の販売台数が世界一ということでギネスブックにも認定されています。幌は布タイプと電動ハードトップ(RHT)の2タイプがありますが、閉じた状態での騒音やボディの剛性はRHTに有利です。最近の輸入車では速度制限はあ...

≫続きを読む

 

輸入コンパクトカーの立役者~ボルボV40

ボルボというと高級車でありながら一時は販売台数も右肩下がりでしたが、ここ最近はデザインを一新した世界的に好調な売れ行きとなっています。コンパクトカーとなるV40は日本国内での販売も非常に好調で、ボルボ=安全重視というイメージ通り、最先端の安全装備を備えたこの車は発表直後には納車待ちが数ヶ月となるほど...

≫続きを読む

 

同じAでも意味が違います~メルセデス・ベンツAクラス

ボルボのV40に続いてメルセデス・ベンツが発売したコンパクトカーがAクラスです。先代モデルからがらりと変わったデザインはメルセデス・ベンツも「AクラスのAはアグレッシブのAです」と言っていますが、その言葉どおりの雰囲気のフロントマスクとなっています。ボディサイズはボルボV40などと同クラスとなってお...

≫続きを読む

 

4ドアセダンのスポーツカー~ポルシェ・パナメーラ

高級スポーツカーというイメージが強いポルシェですが、カイエンによってSUV市場に参入し、2009年にはパナメーラによって4ドアセダン市場にも参入しました。今ではポルシェともいえ国によってはスポーツカーよりもSUVやセダンの方が売れているといいますから、営業的な面ではセダンを発売したことは成功したと言...

≫続きを読む

 

可愛い見た目に熱い走り~日産マーチNISMO

日産マーチNISMOは、日産が誇る大衆車であるマーチをNISMOがチューニングした車です。同じようなボディサイズで走向性能を高めた車といえばヴィッツRSや、スイフトスポーツ、フィットRSなどがありますが、日産からも久し振りにこれらに対抗できる車が登場しました。直列4気筒1.5リットルエンジンに5速マ...

≫続きを読む

 

女性が選ぶ最高の車~ランドローバー・イヴォーグ

ランドローバー・イヴォーグは、イギリスの高級自動車メーカーであるランドローバーが発売しているSUV車です。ランドローバーといえば丈夫な4WD車で実績があり、もともと日本国内でも人気がありましたが、どちらかというと男性向けの車というイメージでした。ところが、イヴォーグではコンセプトモデルをそのまま市販...

≫続きを読む

 

アメ車でもおしゃれなエコカー~フォード・クーガ

フォードにはエクスプローラーという同社を代表するSUVがありますが、その弟分ともいえる小型SUVがクーガです。なお、フォードではSUVを通常の「Sport Utility Vehicle」ではなく「Smart Utility Vehicle」と読んでおり、大型SUVとは異なるキャラクターを設定してい...

≫続きを読む

 

見た目以上に実用的な車です~日産ジューク

日産ジュークは日産のコンパクトSUVですが、その奇抜とも言えるデザインは好き嫌いがはっきりと分かれそうです。日産はムラーノでもモーターショーで発表したコンセプトモデルからほとんど変わらないデザインをそのまま市販したことがありますが、ジュークでも同じようにコンセプトモデルをほぼそのまま市販したような感...

≫続きを読む

 

燃費と走りを両立させたミニバン~マツダ・プレマシー

マツダにはMPVというミニバンの代名詞とも言える車がありますが、プレマシーはその弟分といったところです。現行モデルは2010年に登場しマイナーチェンジされたものですが、最も大きな特徴はスカイアクティブと呼ばれるマツダ独自の技術を採用していることです。スカイアクティブは何か一つの技術のことではなく、エ...

≫続きを読む

 

ワールドクラスのミニバン~マツダMPV

マツダMPVは、マツダを代表するミニバンです。その昔、日米貿易摩擦が起こったときには、日本車のミニバンといえばMPVのことを指しているとも言われていましたが、裏を返せばアメリカでもそれだけ人気があったということです。見た目はホンダのオデッセイに負けないような比較的低めの車高となっており、ステーション...

≫続きを読む

 

ヨーロッパ基準のトヨタ車~トヨタ・オーリス

トヨタと聞くと地味な車というイメージがありますが、そんな中でもヨーロピアンなデザインで目を引くのがオーリスです。最近ではガンダムというアニメに出てくるキャラクターをイメージしたモデルを発売するなど、トヨタらしくないコラボも行っています。もともとヨーロッパ向けに開発されたということもあり足回りなどのセ...

≫続きを読む

 

コンパクトカーの世界戦略車~トヨタ・ヴィッツ

トヨタ・ヴィッツは、日本国内ではガソリンエンジンモデルしか発売されていませんが、ヨーロッパに行くとディーゼルエンジンやハイブリッドモデルも発売されています。日本国内向けには1.0Lエンジン、1.3Lエンジ、1.5Lエンジンが設定されており、トランスミッションもCVTとMTが設定されています。走向性能...

≫続きを読む

 

トヨタミニバンの代表格~トヨタ・エスティマ

トヨタ・エスティマは現行モデルが発売されてからかなり経っていますが販売台数も悪くなく、トヨタミニバンの代表格といって良い車です。一部外国でも売られていますが、基本的には日本国内向けの車となっています。同じトヨタには上級モデルとしてアルファードやヴェルファイヤ、エントリーモデルとしてフルモデルチェンジ...

≫続きを読む

 

乗り手を選ぶトヨタの最高級車~トヨタ・センチュリー

トヨタ・センチュリーは、レクサスを除いたトヨタ車では最高価格となる1,000万円を超える車です。車はかなり古く外観のデザインはお世辞にもスタイリッシュとはいえませんが、独特の風格があり運転手必須の車です。エンジンは国産車では唯一となるV12気筒5.0リットルエンジン(280馬力)を搭載しています。乗...

≫続きを読む

 

欧州基準のツーリングワゴン~トヨタ・アベンシス

もともとトヨタがヨーロッパ向けの専用車として開発したものを、日本に導入したものがアベンシスです。2つのグレードが設定されていますが、その違いはホイールサイズやシートの素材などが主でサイド&カーテン、ニーエアバッグ、横滑り防止装置などといった安全装備は全て標準装備となっています。2.0L(142馬力)...

≫続きを読む

 

世界に先駆けた電気自動車~三菱i-Miev

三菱i-Mievは三菱自動車がいち早く発売した電気自動車で、ボディは軽自動車のアイ(すでに販売停止)と共用しています。マイナーチェンジによって搭載されるバッテリーが10.5kWhと16.0kWhの2種類となり、走行距離はそれぞれカタログ値で120km、180kmとなり、かなり実用的な電気自動車になっ...

≫続きを読む

 

すでに往年の名車の風格~三菱パジェロ

三菱パジェロはパリダカと呼ばれる長距離ラリーレースを連覇するなど、まさしく日本の4WDクロカンの代表格といっても良い車です。ロングボディとショートボディがあり、それぞれにガソリンエンジン車とクリーンディーゼル車が設定されています。駆動方式は全て4WD+5速ATです。クリーンディーゼルというとマツダC...

≫続きを読む

 

ベンツの4ドアセダン入門車~メルセデスベンツCLA

メルセデスベンツCLAのフロントグリルは、Aクラスと似たようなデザインになっていますが、ただ単にAクラスのボディを伸ばしただけの車とは異なります。「AクラスのAはアグレッシブのA」とメルセデスベンツ自身が言っているように、かなりきつい感じの目つきになっているので、年配の人からはちょっと遠慮されてしま...

≫続きを読む

 

Xになって生まれ変わりました~トヨタ・マークX

トヨタ・マークXは以前はマークⅡとして売られていた車ですが、改名してマークXとなりました。マークⅡのときは多くの人に受け入れられるような無難なデザイン、言い方を変えると特長の無いデザインでしたが、マークXでは目つきがきつくなり大胆なデザインとなっています。エンジンは2.5L(203馬力)と3.5L(...

≫続きを読む

 

抜群に燃費の良いコンパクトカー~日産ノート

初代日産ノートが発売されたときは同じくらいのボディサイズを持つティーダという車もありましたが、近年、ティーダの販売が終了し、コンパクトカーについてはノートのみに絞られました。モデルチェンジにより若干ボディが大きくなりましたが、それでも全幅で1,695mmと非常にコンパクトになっており取り回しに苦労す...

≫続きを読む

 

小さいことは良いことだ?~トヨタiQ

トヨタiQは、トヨタ自動車が作ったコンパクトカーの枠を超えた、超コンパクトカーです。軽自動車以上に小さなボディながら4人乗りを実現しています(一部グレードは2人乗り)。最近の軽自動車は、軽自動車規格の枠ぎりぎりまで大きく作ろうとしていますが、iQは逆に大人4人が乗ることが出来る車をどこまで小さくでき...

≫続きを読む

 

アメリカンSUVの代表格~フォード・エクスプローラー

アメリカの自動車メーカーが作っているSUV車もいろいろありますが、日本で名が知れたSUV車といえばフォード・エクスプローラーがその代表格です。以前のモデルは丸みを帯びたヘッドライトなど比較的おとなしいデザインもありましたが、2011年発売の現行モデルでは鋭い目つきになり、かつ高級感漂う都市型SUVと...

≫続きを読む

 

アウディのスポーツクーペ~アウディTT

アウディTTは、モーターショーで新型が発表されて始めていますが、現行モデルの発売は2006年の発売です。既に7年以上たっているにも関わらず、そのデザインには古くささを感じることはありません。直列4気筒1.8Lエンジン(160馬力)+7速DCT+前輪駆動と、直列4気筒2.0L(211馬力)+6速DCT...

≫続きを読む

 

アウディの最高峰スポーツカー~アウディR8

アウディR8は、アウディが誇る同社フラッグシップのスポーツカーですが、スーパーカーといっても差し支えありません。価格もスーパーで、最も安いモデルでも約1,800万円、高いもので約2,300万円となりますが、この価格でこれだけの車が手に入ると考えれば(お金があれば)高くないのかもしれません。今では日産...

≫続きを読む

 

サーキットも走れる最高峰セダン~アウディS8

アウディS8は、V型8気筒4.0Lエンジン(520馬力)にクワトロと呼ばれるアウディのフルタイム4WD、トランスミッションは8速AT、価格は約1,600万円とアウディの4ドアセダンの中で価格も性能もトップに位置する車です。内外装ともに高級感は持ちつつも派手さのないデザインとなっており、落ち着いた雰囲...

≫続きを読む

 

目立たないけど海外では売れてます~ルノー・キャプチャー

ルノー・キャプチャーはコンパクトクロスオーバーと呼ばれるジャンルの車ですが、簡単に言えば小型SUVです。ヨーロッパでの2013年の販売台数トップは日産ジュークでしたが、このキャプチャーが発売されてからはキャプチャーの勢いに押されています。最近のルノーではカングーやルーテシアが評価されているようですが...

≫続きを読む

 

スタイル抜群4ドアクーペ~アストンマーティン・ラピードS

アストンマーティンといえばフェラーリやポルシェほどの知名度ではないものの、車好きなら知らない人はいないという高級車です。そんなアストンマーティンの4ドアクーペがラピードSです。クーペといいつつも4ドアなので全幅1,929mm、全長5,019mmとかなり大きなボディになっており、車重も2tを超える重量...

≫続きを読む

 

サーキットを走るための車です~マクラーレンMP4-12Cスパイダー

マクラーレンといえばF1で名が知られていますが、同社ではF1で培った技術を惜しみなく搭載した市販車をいくつか発売しています。マクラーレンMP4-12Cスパイダーもその中の一つで、間違いなく現代最速のスーパーカーの一つと言えます。スパイダーの名が示すとおりオープンカーになりますが、ハードトップを閉じた...

≫続きを読む